骨格診断 ウェーブタイプ | 代官山 パーソナルスタイリスト協会

骨格診断 ウェーブタイプ

あなたの体つきの特徴から、選ぶべき洋服や小物などを判断するのが「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」と3つに分けられた骨格による診断です。

以下からタイプの持つ特徴や着こなしのポイントを確認しながら着こなしを作る際の参考にしてください。

全部の項目が当てはまる人はいないので、一つの目安として「わたしはこのタイプかな?」というタイプに沿ってお洋服を選ぶようにしましょう。

ウェーブタイプ

特徴

□ 身体に厚みがなく平面的手も薄くて平べったい
□ 首が長め
□ 鎖骨が小さく出ている
□ 筋肉が付きにくい
□ 身体に厚みがなく平面的
□ 着丈が長いとだらしなく見える
□腰の位置が低め
□細身のアイテムが似合う
□胸元が薄く、下半身に脂肪がつきやすい
□筋肉がつきにくい
□胸元が大きく開いたTシャツやシャツは似合わない

着こなしのポイント

・タイトなシルエット、小さめサイズを
・着丈、袖丈、裾丈は短めに
・バッグや靴は小さめを
・首元は空いていないトップスに
・襟にデザインがあるもの
・透け感やソフトな生地
・丈は短めに

 

似合うズボン

・9分丈
・ストレッチスキニー
・ひざ丈の短パン

 

似合う素材感

やわらかいものや伸びるものが似合います。

厚手でハリのあるものは避けるようにしましょう。

「貧相に見えないか」「足が長く見えるか」「腰の位置が高く見えるか」を意識して洋服を選ぶようにしてください。

 

避けた方が良い着こなし

胸元が開いているトップス

 

さいごに

女性の場合はバストやウエスト、ヒップと体全体に波があるのでタイプを当てはめることはやり易いですが、男性の場合体のラインが直線的なのでどこかのタイプにピタリと当てはめるのは難しいというのが個人的な考えです。

ナチュラル寄りのストレート。

ストレート寄りのウェーブ。

大まかに1つのタイプに決めつけるのではなく、ストレートタイプなら、ナチュラル寄りか?またウェーブよりか?とどちらか片方にウィングを広げ、どちらかの要素も吸収しながら似合うスタイルを作るのがおすすめです。

鑑定した骨格診断の回答はご自身でお洋服を選び際には「確か私は〇〇タイプだったな?」と考えながらアパレルショップで試着する時に使ってみてください。

参考になるポイントがいくつも見つかると思います。

 

コメント